私立小学生のSuica(スイカ)とPASMO(パスモ)の作り方

私立小学生のSuicaとPASMOの作り方通学
通学に利用する子ども用Suica(スイカ)とPASMO(パスモ)の作り方はどうするの

この疑問に回答します。

 

お受験パパ りんかお@ojukenrinkao)です。大人の場合は券売機から簡単につくれますが、子ども用は券売機から発行することはできません。しかも、定期券を発行するには準備が必要です。

この記事の内容はこちら
  • そもそも「こども」料金っていつから必要?
  • 子ども用Suica(スイカ)とPASMO(パスモ)の購入方法
  • 小学生の通学定期の購入方法
  • お知らせ機能を設定する
  • チャージはどうする

そもそも「こども」料金っていつから必要?

「おとな」と「こども」の区分は次のとおりです。

おとな12歳以上
こども6歳~12歳未満
幼児1歳~6歳未満
乳児1歳未満

ただし、6歳でも小学校入学前は「幼児」です。12歳でも小学生は「こども」です。

つまり、新学年が始まる4月が切り替わるタイミングです。小学校・中学校に入学する年の4月から、「こども」「おとな」運賃が適用されることになります。

子ども用Suica(スイカ)とPASMO(パスモ)の購入方法

子ども用のSuicaとPASMOは、記名式しか発行されておらず販売は窓口だけです。

  • JR東日本は、みどりの窓口
  • 私鉄、地下鉄、バスは、定期券販売窓口
年齢が確認できる公的証明書の呈示が必要です

記名人の年齢が確認できる証明書が必要になります。子どもの場合は身近にある健康保険証を利用しましょう。

新年度が始まると、中学~大学の学生が窓口に並びます。そのため平日夜や土日は窓口が大変混雑します。

発売価格は1,000円・2,000円・3,000円・4,000円・5,000円・10,000円のいずれかで、価格には預り金(デポジット)500円が含まれていて、カード返却時に返金されます。

「こども用Suica」「小児用PASMO」には有効期限があり(小学校卒業年の3月31日まで有効)、期限が過ぎると使用できなくなります。大人用としてご利用になる場合は、窓口または券売機で大人用に変更する手続きを行う必要があります。

モバイルSuica等で窓口に並ばないで済む方法は無いかと考えてしまいます。

私立小学校の場合ガラケーは許可されていてもスマホは禁止です。また、通学証明書の提示が必要なので窓口で必ず購入します。

小学生の通学定期の購入方法

小学生の通学定期は、年齢を確認できる公的証明書だけでは購入できません。さらに、小学校が発行する「通学証明書」の提示が必要になります。通学証明書は学生証を利用します。

学生証は入学後に発行されることが多いので入学日から定期券で通学することは出来ません。学生証は、「本人の写真」と「校章の印」がないと効力をもちませんが、私立小学校と交通機関の間で申し送りがされています。その為、通学定期を作成する時には「本人の写真」が無くても作成できます。

小学校は入学式の当日に学生証を発行できるように準備をしてくれるので、指定された大きさと服装の写真を早めに準備することが必要です。

※定期券の更新の場合は、券売機にて対応が可能です。

お知らせ機能を設定する

改札機やバス車内でのご利用時に電子音でお知らせする機能を設定できます。

  • チャージ残額が1,000円以下になった
  • 定期券の有効期間が14日以内になった

駅の改札かバス営業所の係員にICカードを渡して「音の設定をお願いします」と伝えると設定してくれます。1分も掛からずに終わる作業です。

お知らせ機能は大人にも有効です。定期更新を通知してくれるのでお勧めします。

詳細はこちら

チャージはどうする

小学校からも高額なチャージを控えるように求められます。また、定期券にするとチャージ残額を気にする機会が少ないです。

残高がゼロだと不安なのでお知らせ通知が来たら、1,000円をチャージするようにしています。

入金は、子ども本人に券売機を利用してチャージしてもらってます。

子ども用のSuica/PASMOにもポイントが貯まります

忘れずに登録を行ってください。

詳細はこちら

まとめ

子ども用Suica(スイカ)とPASMO(パスモ)は窓口でしか発行してくれません。また、年齢を確認できる公的証明書が必要です。発行手続きを行う際には忘れずに健康保険証を持って行きましょう。新年度が始まると窓口が大変混雑するのでご注意ください。

通学定期券が必要な場合は、公的証明書に加えて通学証明書が必要になります。学生証も併せて持って行きましょう。

 

以上、「私立小学生のSuica(スイカ)とPASMO(パスモ)の作り方」という記事でした。