暁星国際流山小学校ってどんな学校?特色について紹介

私立小学校(千葉県)

暁星国際流山小学校の基本情報

学校の特色や理念

暁星国際流山小学校ぎょうせいこくさいながれやましょうがっこうは、「国際的感覚」「新時代の対応」「諸機能の調和」「健全な社会人」など4つの力を持った児童の育成を教育目標として2016年(平成28年)に開校されました。どの国の人々とも積極的にコミュニケーションができる能力と勇気を培うとともに、将来国際人として活躍できる人材の育成を行っています。

特色ある教育

学習指導

「イマージョンプログラム」人為的に設定された外国語環境において、母語使用の自由を持ち、教科学習がおこなわれるプログラムです。英語教育ではネイティブスピーカーに近い言語能力を身に付け、意志疎通を英語で自由に行えるコミュニケーション能力を養う事ができます。また、国際的な視野と感覚を養うためにも、毎日1時間フランス語の授業を実施しています。

「未来型学習環境」図書室は「命の泉(フォーンスヴィーテ)」と呼び、子どもたちが「知りたい・見たい・聞きたい」という学びの意欲を大切に育てるための学びの空間です。邦書・洋書を問わず、いろいろな書物に関心を持ち、自ら調べることの楽しさや本を読むことの喜びを知ることが出来ます。ある時は動物園、ある時は花畑、ある時は水族館、ある時は宇宙に変わります。五感をつかって豊かな知識と感性を培うことができる全く新しい図書館です。

「心の教育」自分を見つめる時間、自分を考える時間、自分と向き合う時間、人を思う時間、命を大切に考える時間など、心の教育の時間を大切にしています。「敬愛(うやまう心、いつくしむ心、おもいやる心)」「勤勉(自ら調べる、自ら学ぶ、努力しあきらめない)」「誠実(うそをつかないこと、まじめであること、ていねいであること)」などの心を育みます。

所在地、最寄り駅

所在地

千葉県流山市前平井175−2

暁星国際流山小学校の入試について

募集要項

募集人数

70名

募集要項の詳細は 公式HP をご確認ください。